HOME  >  各種ガイドライン  >  肺癌診療ガイドライン

各種ガイドライン

肺癌診療ガイドライン(2005年版)      2006.12.1

  2005年版は医療情報サービス Mindsで公開中です。  enter.gif

肺癌診療ガイドライン(最新版)    

  
       肺癌診療ガイドライン2012年版作成にあたって
     -推奨グレードとエビデンスレベルの決定方法-
 

  集団検診】

    ・肺癌集団検診ガイドライン  (2010.11.26)

                      付記  (2014.7.11)

  診断

   ・肺癌の診断(危険因子と臨床症状、検出方法) (2014.3.13更新)

   ・確定診断 (2014.2.25更新)

   ・肺癌の病理・細胞診断 (2014.8.26更新)

    ・質的画像診断 (2014.7.11更新)

   ・病期診断 (2014.3.13)

   ・分子診断 (2014.3.13)

  非小細胞肺癌】 

    ・外科治療 (2014.5.29更新)

    ・肺尖部胸壁浸潤癌 Ⅲ期非小細胞肺癌(切除不能) (2014.5.29更新)

    ・Ⅳ期非小細胞肺癌の1次治療 (2014.8.26更新)

    ・Ⅳ期非小細胞肺癌の2次治療以降 (2014.7.11更新)

    ・病理病期Ⅰ・Ⅱ・ⅢA期術後補助化学療法 (2013.7.9更新)

    ・非小細胞肺癌周術期治療(化学療法・放射線治療) (2014.5.29)

    ・癌性胸膜炎、癌性心膜炎、副腎転移 (2014.8.31更新)

   【小細胞肺癌】

   ・小細胞肺癌(LD-SCLS,PCI) (2014.5.29更新)

   ・進展型小細胞肺癌1次治療 (2014.8.26更新)

   ・再発小細胞肺癌 (2014.5.29更新)

  【放射線治療】

    骨転移、脳転移、胸部照射 (2014.5.29更新) 

    ・臨床病期Ⅰ・Ⅱ期(医学的に手術不能)非小細胞肺癌の治療 (2013.7.9)

     ・臨床病期Ⅰ・Ⅱ・ⅢA期(切除可能)非小細胞肺癌の治療(術後照射) (2013.7.9)


※ガイドラインの転載等による使用については、本会の許諾が必要です。
 必ず、日本肺癌学会事務局までご連絡ください。 
  e-mail:office@haigan.gr.jp

 




ガイドライン検討委員会
委員長      早川和重
副委員長   山本信之

ガイドライン検討統括委員

一瀬幸人 井内康輝 江口研二 奥村明之進 笠原寿郎
呉屋朝幸 近藤 丘 坪井正博 中川和彦 中野孝司
西村恭昌 松野吉宏



作成委員

青江 基 浅野文祐 淺村尚生 池田徳彦 石川雄一
石倉 聡 今村文生 江原 威 遠藤千顕 大泉聡史
大平達夫 岡田守人 久保田馨 倉田宝保 弦間昭彦
後藤功一 小中千守
坂井修二 佐川元保
佐藤 功
里内美弥子 塩野知志 柴田和彦 澁谷景子 白石武史
杉尾賢二 鈴木健司 関 順彦 瀬戸貴司 早田 宏
副島研造 祖父江友孝
武井秀史 竹之山光広 田端雅弘
塚田裕子
永田 靖 中山富雄
中山優子 西井研治
野上尚之 原田英幸 原田真雄
丸山理一郎 南 優子
村上晴泰 森 清志 山本 昇 渡邉裕一


作成協力委員

赤松弘朗 石川 仁 浦田佳子 大江裕一郎 金内直樹
金子昌弘 木村英晴 楠本昌彦 國頭英夫 久保絵美
上月稔幸 桜田 晃 角 美奈子 関根郁夫 駄賀晴子
田村友秀 蔦 幸治 軒原 浩 野中哲生 林 秀敏
平井文彦 前島亜希子 水谷英明 宮田義浩 山口正史
横井 崇 吉田達也 吉田幸弘

 

資金源・利益相反について 



このページの先頭へ