HOME  >  学術集会情報  >  2006年(H18)開催  >  第47回日本肺癌学会総会

学術集会

第47回日本肺癌学会総会(第5回会告)

期 日 2006年(平成18年)12月14日(木曜日)~15日(金曜日)
場 所 国立京都国際会館(京都市左京区)
会 長 和田 洋巳(京都大学大学院 医学研究科器官外科学 呼吸器外科)
テーマ 自分が患者になったとき―自ら受けたい治療の創造
ホームページ 第47回日本肺癌学会総会ホームページ
http://www2.convention.co.jp/jlcs47/index.html

第47回日本肺癌学会総会_日程表日程表 (136KB)

最新の開催概要は上記のホームページをご確認下さい。
演題締切 演題受付を終了いたしました。

海外招聘
Jack A. Roth(M. D. Anderson Cancer Center)
Paul H. Gumerlock(University of California Davis Cancer Center)
Alan B. Sandler(Vanderbilt-Ingram Cancer Center)
Rafael Rosell(Hospital Germans Trias i Pujol)
Robert J. McKenna Jr.(Cedars-Sinai Medical Center)
Thomas K. Waddell(Toronto General Hospital)
Olavo Ribeiro Rodrigues(Universidade de Mogi das Cruzes-Sao Paulo)
Doo Yun, Lee(Yong Dong Severance Hospital)
Paul Baas(The Netherlands Cancer Institute)
Ritsuko Komaki(University of Texas, MD Anderson Cancer Center)
Jose Luis J. Danguilan(University of the Philippine)
田  大力(中国医科大学付属第四病院)
劉  国津(吉林大学第一病院)
Jhingook Kim(Sungkyunkwan University)
Young Tae Kim(Seoul National University)
白井 敬祐(サウスカロライナ医科大学)

プログラム概要

会長講演:未定
和田 洋巳(京都大学大学院 医学研究科器官外科学 呼吸器外科)

特別講演:新しい骨髄移植法の臨床応用(仮題)
池原  進(関西医科大学病理学第一講座 教授)

シンポジウム(公募、一部依頼)

  1. 悪性胸膜中皮腫の診断と治療
  2. 肺癌の生物学的特性とその臨床応用(基礎)
  3. 肺癌の生物学的特性とその臨床応用(臨床)
  4. 高齢者・ハイリスク患者への抗癌化学療法
  5. 緩和ケアについて・・・基礎その他
  6. III期、IV期NSCLCの治療戦略
  7. International Symposium

特別企画
「悪性胸膜中皮腫治療のstate of art」

教育講演

  1. 肺癌細胞診断解説(細胞診断の実際や将来像 細胞診の有用性[概論])
  2. 肺癌診療ガイドライン解説
  3. 「組織像の臨床への反映」
  4. 肺癌化学療法(ピットホール)安全管理
  5. 重粒子線治療
  6. 英語論文の書き方

ワークショップ

  1. 悪性胸膜中皮腫の診断と治療
  2. VATSの工夫(ビデオワークショップ)
  3. 肺癌診療におけるPETの役割
  4. 新しいCT、MR技術の肺癌診断への応用
  5. 再発肺癌の手術戦略
  6. ハイリスク患者(高齢、低肺機能)の手術での工夫
  7. 免疫療法
  8. 胸腺腫の集学的治療
  9. 外来化学療法
  10. 小細胞癌の治療戦略
  11. 肺線維症合併肺癌症例の治療戦略
  12. 肺癌の生物学的特性とその臨床応用
  13. 化学放射線療法
  14. III A期のNSCLC 治療戦略

一般演題(口演)

Translational research 肺癌と分子生物学 内視鏡による診断と治療
画像診断 転移と集学的治療 集団検診
肺癌の外科治療 放射線療法その他 補助療法
小細胞肺癌の治療 分子標的治療 肺癌の合併症
肺癌治療とQOL 病理 早期肺癌
縦隔腫瘍 悪性胸膜中皮腫 症例
その他 ビデオ  

一般演題(示説)

Translational research 抗癌剤の感受性、耐性 肺癌治療とQOL
癌遺伝子・癌抑制遺伝子 抗体・ワクチン療法 肺癌と感染症
分子生物学 温熱療法/ラジオ波治療/PET 若年者肺癌
疫学・肺癌と危険因子 遺伝子治療・免疫療法 高齢者肺癌
腫瘍マーカー 術後補助療法 早期・微小肺癌
免疫・サイトカイン 術前治療 多発癌・重複癌
気管支鏡による診断と治療 小細胞癌の治療 癌性胸膜炎、心膜
胸腔鏡による診断と治療 分子標的治療 縦隔腫瘍
画像診断 再発肺癌の治療 転移性肺腫瘍
核医学 脳転移の治療 胸膜中皮腫
転移の診断・治療 集学的治療 病期の問題
集団検診 手術と呼吸機能 予後因子
拡大手術 ステント 症例
リンパ節郭清 化学療法副作用 その他
放射線療法 病理  
抗癌剤薬物動態 肺病変合併肺癌  

モーニングセミナー(meet the expert)
ランチョンセミナー、イブニングセミナー
医薬品・医療機器展示会等

なお、各種委員会・理事会は12月13日(水曜日)に開催予定です。
また同時開催企画を下記日程で予定しています。

12月16日(土曜日)第22回肺癌集検セミナー(国立京都国際会館)

12月16日(土曜日)市民公開講座(国立京都国際会館)
演題:海外がん治療の現状 ―患者の立場から―
司会:山下 りら

(1)開会の挨拶
古瀬 清行(神戸TRI臨床研究運営部)
神戸TRI臨床研究運営部
(2)化学療法の現状
白井 敬祐(サウスカロライナ医科大学血液腫瘍内科)
(3)放射線治療の現状
Ritsuko Komaki(M.D.Anderson Cancer Center)
(4)特別発言
久保田 馨(国立がんセンター東病院呼吸器内科)
(5)閉会の辞
和田 洋巳(京都大学大学院医学研究科呼吸器外科)

第47回日本肺癌学会総会
会長:和田 洋巳
事務局:京都大学大学院医学研究科呼吸器外科内
事務局長:平田 敏樹
〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
TEL:075-751-3834
FAX:075-762-1686
E-Mail:jlcs47@kuhp.kyoto-u.ac.jp



このページの先頭へ