HOME  >  学術集会情報  >  2017年(H29)開催  >  ワークショップ プログラム

学術集会

【プログラム】

■ 第1部 8:50~10:35
  1.  分子標的治療時代の臨床試験
    講師:光冨 徹哉(近畿大学医学部外科学講座 呼吸器外科部門)
    座長:大崎 能伸(旭川医科大学病院 呼吸器センター)

  2.  肺癌の希少遺伝子異常に対する分子標的薬の治療開発と個別化医療の確立への挑戦
    講師:後藤 功一(国立がん研究センター東病院 呼吸器内科)
    座長:岡本 勇(九州大学病院 呼吸器科)

  3.  液体生検の展望
    講師:荒金 尚子(佐賀大学医学部附属病院 呼吸器内科)
    座長:今村 文生(大阪国際がんセンター 呼吸器内科・臨床腫瘍科)

■ スポンサードセミナー1 10:35~11:25 (共催:中外製薬株式会社)
  ALK陽性肺がんの最新の話題
   講師:山本 昇(国立がん研究センター中央病院 先端医療科)
   座長:前門戸 任(岩手医科大学医学部 内科学講座 呼吸器・アレルギー・膠原病内科分野)

■ ランチョンセミナー 11:35~12:45 (共催:アストラゼネカ株式会社)
  EGFR変異を伴う非小細胞肺がんにおける抵抗性のメカニズム
   講師:小林 進(Beth Israel Deaconess Medical Center,  Harvard Medical School)
  T790M変異検査とタグリッソ臨床経験の共有
   講師:剱持 広知(静岡県立静岡がんセンター 呼吸器内科)
   座長:山本 昇(国立がん研究センター中央病院 呼吸器内科)
 
■ スポンサードセミナー2 12:55~13:45
  免疫チェックポイント阻害剤による新たなチャプターの幕開け
   講師:大泉 聡史(北海道がんセンター 呼吸器内科)
   座長:佐々木 治一郎(北里大学医学部附属 新世紀医療開発センター                 横断的医療領域開発部門 臨床腫瘍学)
 (共催:小野薬品工業株式会社・ブリストル・マイヤーズスクイヴ株式会社)

■ 第2部 13:55~15:40
  1.  バイオマーカー研究の最前線
    講師:植田 幸嗣((公財)がん研究会 がんプレジション医療研究センター)
    座長:西尾 和人(近畿大学医学部 ゲノム生物学教室)

  2.  がん免疫療法研究の最前線
    講師:大栗 敬幸(旭川医科大学医学部病理学講座 免疫病理分野)
    座長:西川 博嘉(国立がん研究センター研究所 腫瘍免疫研究分野/同・先端医療開発センター
    免疫TR分野/名古屋大学大学院医学系研究科 分子細胞免疫学)

  3.  免疫チェックポイント阻害剤の臨床成績
    講師:西尾 誠人(がん研究会有明病院 呼吸器内科)
    座長:吉野 一郎(千葉大学大学院医学系研究院 呼吸器病態外科学)

■ スポンサードセミナー3 15:40~16:30 (共催:MSD株式会社・大鵬薬品工業株式会社)
  イメージングが拓く、免疫チェックポイント分子による細胞活性化の時空間的制御機構
   講師:横須賀 忠(東京医科大学 免疫学分野)
   座長:中川 和彦(近畿大学医学部 内科学腫瘍内科部門)



このページの先頭へ