事務局からのお知らせ

HOME  >  お知らせ一覧  >  2022年度評議員・理事・理事長・支部長・監事選挙に際してのご案内

2022年度評議員・理事・理事長・支部長・監事選挙に際してのご案内

会員各位

日本肺癌学会選挙細則に基づき、2022年度日本肺癌学会評議員・理事・理事長・支部長・監事選挙を実施します。

4月30日(金)に開催されました理事会に於いて、立候補のスケジュールは以下のように決定されましたのでお知らせいたします。
なお、本年は評議員選挙への立候補が行われる年になりますが、今回より立候補届はオンラインによって受付することとなりました。
準備ができ次第、ご案内いたしますので、ご協力のほど宜しくお願いいたします。


立候補受付開始:6月7日(月)
立候補受付締切:8月10日(火)
有権者名簿の公開(学会ホームページ):10月8日(金)
名簿への異議申立期限:10月15日(金)

 

選挙細則(抜粋)
第 3 章  理事、理事長、支部長、監事及び評議員の選挙

(有権者の資格)
第4条 各選挙における選挙権及び被選挙権有権者については以下に定める。
2 選挙権有権者は、選挙実施前年度の9月30日(前会計年度最終日)において前年度までの年会費を納入した正会員とする。
3 被選挙権有権者は年会費を完納し、前条に定める期日において、通算満10年以上正会員であって、別に定める被選挙権資格を有し、立候補届けを出した者とする。
なお、被選挙権資格の内、業績は10年毎に更新されるものとする。
4 本会のかかえる社会的責務上、被選挙権有権者には非喫煙としての申告義務が課せられる。
5 選挙実施年度の翌年の4月1日までに満65歳になっている者は立候補することができない。
6 有権者の所属する支部は、名簿作成時の主たる勤務地によって定める。ただし、現に勤務していない者は居住地による。
 

2021年5月
選挙管理委員会



このページの先頭へ