本ガイドラインについて

1.目的

 肺癌診療ガイドラインの目的は,本邦における肺癌患者,悪性胸膜中皮腫患者および胸腺腫瘍患者の予後の延長と生活の質の向上をめざして,これら疾患の診断や治療に関する推奨を明らかにし,日々の診療に役立てることである。特に近年におけるこれら疾患の治療法はまさに日進月歩の進歩が展開されており,複数の新治療法の検証的比較研究が行われぬままさらに新しい治療法のエビデンスが提供される状況になっている。本診療ガイドラインは毎年定期的に改訂されているが,こうした最新の研究成果を1年という節目毎に整理し,本邦の医療現状に則した肺癌,悪性胸膜中皮腫,胸腺腫瘍の診療指針を策定し,広く社会に公開するものである。難治性とされる肺癌,悪性胸膜中皮腫,胸腺腫瘍の効果的・効率的な診断・治療法を体系化し,効果的な保健医療を確立し,ひいては豊かで活力ある長寿社会を創造するための一翼を担うことをめざしている。

2.改訂について

 本邦の肺癌診療ガイドラインは,2003年に初版,2005年に改訂第2版が発行された。2011年以降は重要なエビデンスへの対応を迅速に行うため,毎年WEB上で公開してきた。2014年にはガイドラインの整備が一段落したため冊子が発刊され,2年毎の冊子化を計画し,2016年版を発刊した。2016年版では初めて悪性胸膜中皮腫診療ガイドライン,胸腺腫瘍診療ガイドラインを加えた。免疫療法や分子標的治療分野の急速な進歩を反映すべく,2017年にもⅣ期非小細胞肺癌の薬物療法の分冊を発刊した。2018年には,多くの領域でGRADEアプローチを取り入れ,2019年WEB版改訂では,薬物療法・放射線療法に関する記述を改訂し,緩和に関するCQを新規に作成した。今回2020年冊子版改訂では,さらに最近の進歩を反映して大幅な改訂を行っている。

3.本ガイドラインの適応が想定される対象者,および想定される利用対象者

 本ガイドラインは,肺癌,悪性胸膜中皮腫,胸腺腫瘍の疑われる患者,および診断された患者を対象集団として検討した。利用対象者は,これら疾患の診療に携わる医師をはじめ,薬剤師,看護師などのすべての医療従事者である。一般の方々にとっては専門的すぎる内容が多々あり理解することは困難かも知れない。患者が利用する場合には,診療時に担当の医療従事者などとともに御覧になっていただきたい。また,患者向けガイドブック(「患者さんのための肺がんガイドブック—悪性胸膜中皮腫・胸腺腫瘍含む」2019年版)と併せてご利用いただきたい。

4.使用上の注意

 本ガイドラインは,あくまでも標準治療を示した参考資料である。個々の患者の病態や医療施設の体制は異なるため,治療方針は個々の患者に応じて,医療従事者と患者の話し合いで決定されるものである。本ガイドラインは医療を強制したり医療従事者の裁量権を制限したりするものではない。記述内容に関しては日本肺癌学会が責任を負うものであるが,診療結果についての責任は直接の診療担当者に帰属するものであり,日本肺癌学会および本ガイドラインの作成・改訂に係わる諸委員会・委員は一切の責任を負わない。また本ガイドラインは原則として成人患者のみを想定している。

5.本ガイドラインの構成と作成・改訂組織とプロセス

 前述したとおり,本ガイドラインは2003年に肺癌診療ガイドラインからスタートし,2016年から悪性胸膜中皮腫と胸腺腫瘍の診療ガイドラインを追加し,以来改訂に際しては同じタイミングで見直しを行っている。それぞれ,画像診断,病理診断(肺癌についてはバイオマーカー診断を含む),外科療法,放射線療法,薬物療法および集学的治療などで構成されている。

 作成・改訂の主体は日本肺癌学会であり,学会に常設されている診療ガイドラインに関連した諸委員会が実際の作成・改訂を行っている。ガイドライン委員会には「診断小委員会」,「外科療法小委員会」,「放射線治療及び集学的治療小委員会」,「薬物療法及び集学的治療小委員会」,「胸膜中皮腫小委員会」,「胸腺腫瘍小委員会」,「緩和医療小委員会」,「患者向けガイドライン小委員会」の8つの小委員会があるが,「患者向けガイドライン小委員会」は本ガイドラインの作成・改訂に係わらない。一方,他の委員会からは,「病理委員会」,「細胞診判定基準改訂委員会」,「気管支鏡委員会」も本ガイドラインの作成・改訂に加わっている。さらに,直接作成・改訂は行わないが,「バイオマーカー委員会」および「画像診断委員会」は関連小委員会・委員会からの要請に基づいて参考意見・助言を行うこととしている。「ガイドライン検討統括委員会」は,これらの各小委員会(「患者向けガイドライン小委員会」を除く)および委員会のガイドライン作成・改訂における全体の取りまとめ,および将来的方針検討を行う。以下に本ガイドラインを構成する項目と担当小委員会・委員会の対応表を示す(表1)。

 各小委員会・委員会では1)文献検索式の決定,2)文献検索結果のスクリーニングと追加検索,3)文献の取捨選択,4)システマティックレビューの実施とエビデンスの確実性評価,5)討論と投票によるエビデンスの確実性評価と推奨度決定,6)解説文書と引用文献リストの作成を行った。文献検索方法の詳細は次項に述べる。

 なお2019年12月のガイドライン検討統括委員会にて改訂すべき領域を検討し,「緩和医療小委員会」と「気管支鏡委員会」を除く分野で改訂の必要性を認め,2020年版ではこれら分野において改訂を行った。

 ガイドライン関連諸委員会,あるいは日本肺癌学会に所属しないもの若干名を協力委員として任命している。患者団体,患者支援団体で活躍している方,看護師,細胞検査士,放射線技師,生物統計専門家などがその協力委員として任命され、上記1)〜6)のうち,3),5)に加わり,6)の作成過程においてはメール審議に加わり必要に応じて意見を述べていただいた。特に生物統計専門家には2019年12月の全体会議において,臨床試験報告論文におけるエビデンスの取扱注意点などについて全体的な助言をいただいた。

表1.本改訂時におけるCQ毎の担当小委員会・委員会(投票および執筆)
CQ 担当小委員会および委員会
1 1-13 診断小委員会
14 病理委員会
15 病理委員会・細胞診判定基準改訂委員会
16 病理委員会
17 病理委員会・細胞診判定基準改訂委員会
18 病理委員会
19 病理委員会・細胞診判定基準改訂委員会
20-24 診断小委員会
1-21 外科療法小委員会
22 気管支鏡委員会
23-24 放射線治療小委員会
25-32 薬物療法及び集学的治療小委員会
33-34 放射線治療及び集学的治療小委員会・薬物療法及び集学的治療小委員会
35-36 放射線治療及び集学的治療小委員会
37-41 薬物療法及び集学的治療小委員会
42 放射線治療及び集学的治療小委員会・薬物療法及び集学的治療小委員会
43-44 放射線治療及び集学的治療小委員会
45 薬物療法及び集学的治療小委員会
46-78 薬物療法及び集学的治療小委員会
79-80 放射線治療及び集学的治療小委員会
81 薬物療法及び集学的治療小委員会
82 放射線治療及び集学的治療小委員会
83 薬物療法及び集学的治療小委員会
84 放射線治療及び集学的治療小委員会
85 薬物療法及び集学的治療小委員会
86 放射線治療及び集学的治療小委員会
87-88 放射線治療及び集学的治療小委員会
89-90 薬物療法及び集学的治療小委員会
91 放射線治療及び集学的治療小委員会
92-93 薬物療法及び集学的治療小委員会
1-2 外科療法小委員会・放射線治療及び集学的治療小委員会・薬物療法及び集学的治療小委員会
3-8 放射線治療及び集学的治療小委員会・薬物療法及び集学的治療小委員会
9-13 薬物療法及び集学的治療小委員会
14-16 放射線治療及び集学的治療小委員会・薬物療法及び集学的治療小委員会
17-18 薬物療法及び集学的治療小委員会
1-2 緩和医療小委員会
2 1-16 胸膜中皮腫小委員会
1-17 胸膜中皮腫小委員会
3 1-8 胸腺腫瘍小委員会
1-26 胸腺腫瘍小委員会
  胸腺腫瘍小委員会
6.エビデンス収集方法

 2019年版ガイドラインを基本とし,これまでの版において不足する情報および最近の論文発表,学会発表内容などから新規に追加すべきCQの検討を行った。CQの設定においては全景疑問に回答することを目指し,回答を得るためにPICO(P:patient/population,I:intervention,C:comparison,O:outcome)フレームワークに基づく網羅的文献検索を行った。文献検索は前版までは日本医学図書館協会にご協力をいただいてPubMed,The Cochrane Library(CDSR,CCRCT)データベースを用いたが,諸般の事情により今回改訂に際しては一般財団法人国際医学情報センターに依頼し,MEDLINEデータベースを用いて行った。遡及検索期間は2019年1月1日〜2019年12月31日(「薬物療法及び集学的治療小委員会」に限り11月30日まで)である。検索が不十分な場合には検索式の見直しを行い再検索した。この検索結果に基づいて各小委員会・委員会にてスクリーニングを行い文献の採否を決定したが,この過程では必要に応じて委員によるハンドサーチによる文献を追加した。改訂案の理事会最終承認後に日本医学図書館協会による検索結果を入手したため,一般財団法人国際医学情報センターによる結果との間に大きな齟齬がないか検証を行った。この作業は今回の改訂版には影響を及ぼさないが次回以降の改訂に影響を及ぼす可能性があるため,ここに記述する。

7.システマティックレビューレポートについて

 本ガイドラインではこれまでシステマティックレビューの結果を公表していない。今回の改訂に当たって,「薬物療法及び集学的治療小委員会」が担当する一部の領域に限り,日本肺癌学会のホームページにおいて公表することとした。他の小委員会・委員会においてもこれを推進するかどうかは今後,「ガイドライン検討統括委員会」および学会内で検討する予定である。

8.エビデンス採否の主な規準

 検索式を用いて抽出された文献・エビデンスは,各小委員会・委員会の複数の担当委員によりスクリーニングされ採否が検討された。採否規準はCQ毎でエビデンスの重みづけが異なるため,領域毎に各小委員会・委員会で個別に判断された。標準となる治療方法か否かを評価する場合には,原則としてランダム化比較試験(RCT)を対象としたが,希少性等の理由によりRCTが存在し得ない領域の場合には,単群の前向き試験(第Ⅱ相試験など)や観察研究も評価対象とした。なお,有効性及び安全性のアウトカムの情報が十分でないと判断されたエビデンス(学会報告含む)は基本的に評価対象外としたが,有効性において高い効果が著しく認められた場合や安全性において著しく損なわれる可能性のある場合には例外的に評価対象とした。メタ解析は,その領域のエビデンスの全体像(エビデンス総体)を把握するのに最適な方法の一つであるが,メタ解析を論じた文献・エビデンスはその質の評価が重要となる。個々のメタ解析を本ガイドラインのCQと照らし合わせて,PICOフレームワークと合致しない(非直接性が高い)ものは評価対象から除外した。観察研究による文献・エビデンスは,該当するCQを補完する重要な情報である場合に限って,確実性及び対象集団の悉皆性を鑑みて評価対象とした。

9.GRADEに基づく推奨度について

 2018年版の肺癌診療ガイドラインから,世界標準のガイドライン作成手法であるGRADEアプローチを多くの領域において取り入れており,2020年版の改訂においてもこの範囲を広げた。

 従来どおりの樹形図に基づく標記は残しながら,記載については,各領域のCQ毎にシステマティックレビュー(SR)を行い,これらに対する推奨度を策定している。

 GRADEの表記は数字(1か2)+英語(AからD)の組み合わせからなるが,最初に決定されるのは英語表記で,これはエビデンスの強さを示す。エビデンスの評価は従来の手法では各文献に対して行ってきたが,GRADEではCQに対するエビデンス総体に対して評価する(表2)。エビデンスの解釈にあたっては生物統計学者(2名が「薬物療法及び集学的治療小委員会」に所属)に批判的吟味を依頼し,近年様々に報告されているメタ解析の質の評価やサブセット解析の意義などについて検討を行っている。

 次に数字が決定されるが,これが推奨度を示す。GRADEアプローチの推奨度は,まったくの中立地点を起点として「行う・行わない」という2つの方向性を「推奨する(=1)・提案する(=2)」という2つの強さで示す(図1)。従来の推奨度ではAを最高評価としB・C(1・2)・Dと連なる5段階評価であったが,①GRADEでは1と2の2段階になること,②数字と英語の関係性が独立していることに注意が必要である。つまり,推奨度が1であれば1Aでも1Bでも(エビデンスの強さに差はあれ)同じように「推奨される」のである。なお,そうは言っても「行う・行わない」の2元論では表現しづらい命題もあり,これについては「行うよう勧めるだけの根拠が明確ではない」としている。

 推奨度の決定については,エビデンスの強さを基にしつつ,臨床的有用性の大きさ・その臨床適応性・有害事象なども踏まえて委員会で議論を尽くし,最終的に各小委員会において投票で決定した。60%以上の賛同が得られた結果を原則記載しているが,議論の末に60%以上の賛同が得られなかった場合には,推奨の方向性が一致している場合において【弱い】推奨とし,推奨の方向性が一致していない場合において【推奨度決定不能】とした。また一部の小委員会の委員及び協力委員は,医師,薬剤師,看護師,細胞検査士,放射線技師、生物統計学者,患者団体関係者から構成されており,必要に応じて多職種による推奨度の評価を行った。

 GRADEアプローチを採用した収穫として,従来の課題であった稀少な遺伝子変異/転座陽性例に対する分子標的治療薬の推奨度決定が挙げられる。一方で,エビデンスの質が低い場合に「臨床的有用性」だけが独り歩きする懸念もある。

表2.エビデンス総体のエビデンスの確実性(質)
A(強): 効果の推定値に強く確信がある
B(中): 効果の推定値に中程度の確信がある
C(弱): 効果の推定値に対する確信は限定的である
D(とても弱い): 効果の推定値がほとんど確信できない
参考)Minds診療ガイドライン作成マニュアル2017
図1.GRADEに基づいた推奨度

推奨の方向性

行う

行わない

1 2 2 1
推奨の強さ 強い 弱い 弱い 強い
記載 …を行うよう
推奨する
…を行うよう
提案する
…を行わないよう
提案する
…を行わないよう
推奨する
*「行う・行わない」のいずれの推奨も困難なものについては「行うよう勧めるだけの根拠が明確ではない」と記載。
10.改訂作業の方法

 2019年12月の本学会年次学術集会時に関連委員全員による本改訂作業のキックオフ会議を開催した。その後は新型コロナウイルス感染症の蔓延による影響のため,2020年冊子版の改訂作業におけるすべての議論はWEB会議で行い,投票は無記名のWEB投票システムを用いた。「薬物療法及び集学的治療小委員会」の1名の委員がシステム上の問題からWEB投票システムを使用することができなかったため,メールを用いた投票を行わざるを得なかった。したがってこの委員の投票結果のみは同小委員長およびこれを補佐する1名の委員に対して秘匿性を保てなかった。投票後の推奨文書および解説文書の作成は各小委員会・委員会内で分担して行い,メールによる審議により修正の後,各小委員会・委員会内全員の意見の一致を得た。

11.原稿確定までの方法

 各小委員会・委員会で作成した改訂原稿(悪性胸膜中皮腫の原稿を除く)は2020年7月3日の日本肺癌学会理事会での審議および7月10日を締切とした追加意見聴取を経て,必要に応じて修正を行った。7月22日から8月11日まで日本肺癌学会のホームページにてパブリックコメントを募集し,これらの意見を参考に担当の各小委員会・委員会にてメール審議を行い,必要に応じて修正を行った。悪性胸膜中皮腫に関する原稿は,8月3日から8月17日にメールによる理事会からの意見聴取,8月17日から8月23日までパブリックコメント募集を行ったが,担当小委員会のメール審議によりいずれの意見に対しても修正の必要はないと判断した。これをもってすべての原稿を最終稿として確定した。その後「胸膜中皮腫小委員会」において,2020年8月に海外で発表されたデータに基づき原稿を修正することが議論されたが,諸般の事情も鑑み本改訂版には反映しないこととなった。

12.外部評価について

 2018年の書籍版では日本医療機能評価機構(Minds)および日本癌治療学会の「がん診療ガイドライン評価委員会」による出版後外部評価を受けたが,2019年のWEB版は受けていない。今回の改訂版以降は書籍版,WEB版にかかわらず毎年Mindsおよび日本癌治療学会の「がん診療ガイドライン評価委員会」による出版後外部評価も受ける予定である。この評価結果は「ガイドライン検討統括委員会」を経て,各小委員会・委員会の委員,理事会に報告される。「ガイドライン検討統括委員会」において外部評価内容を精査し,対応策を決定する。決定事項は理事会に報告されると同時に,各小委員会・委員会において次期改訂に反映させる。

13.今後の改訂,増補版などについて

 本ガイドラインがカバーする領域における進歩は極めて急速であり,従来通り,毎年改訂(発表は12月前後)し,WEB公表は毎年,書籍出版は2年ごとに行うこととする。なお,2017年の改訂にあたっては特に大幅な改訂となったため,WEB改訂に加えて増補版の出版を行った。今後同様の措置をするかどうかの明確な基準は定めていない。

14.資金源と作成・改訂者の利益相反(COI)について

 本ガイドラインの初版(2003年)は厚生科学研究費の助成を受けて作成したが,2005年の改訂版以降,ガイドライン作成・改訂のための費用はすべて日本肺癌学会が負担し,助成金,研究費など一切の外部資金は受け入れていない。関連委員会の委員,委員長,副委員長はすべて日本肺癌学会の定款・細則に基づき利益相反管理委員会,理事会の審議を経て選任されている。したがって,本ガイドラインの作成・改訂は日本肺癌学会が独立して行うものであり,他からの干渉は一切ないように配慮されている。通常,作成委員は会議参加のための交通費,宿泊費の支給は受けるが,2020年度版改訂にあたってはすべてWEB会議とメール審議で行われたため該当しなかった。WEB会議システムの年間使用料を一部の委員が負担する事例があった。文献入手に関わる費用,原稿作成,会議参加に対しての報酬は受け取らなかった。

 また,すべての委員が,日本肺癌学会のCOI規定に基づき過去3年分の申告を行い,利益相反管理委員会においてガイドライン作成委員就任の適格性について審査を受け承認された。表3に各委員の所属小委員会・委員会,所属施設,専門分野,COIを示す。

15.ガイドラインの普及と活用促進のための方法

 日本肺癌学会をはじめ,関連学会における学術集会などでの発表を行い,本ガイドラインの概略,重要性,課題などについて発信するほか,以下の方法によって普及,活用促進を図る。

 ・書籍発行

 ・以下のWEBサイトへの掲載

    日本肺癌学会

    日本癌治療学会

    Minds

 ・国際誌への英文論文投稿

    (今回はEGFR遺伝子変異陽性患者に対する薬物療法について)

 ・肺がん医療向上委員会セミナーでの発表

    (一般市民,メディア関係者,患者団体・患者支援団体,医療従事者などを対象)

 ・患者団体・患者支援団体における講演活動,リーフレット作成への協力

 本ガイドラインの普及度調査は現在まで行われておらず,調査方法など今後の課題である。2019年WEB版のアクセス回数は延べ262,932(2020年9月8日現在)であった。

16.一般向け解説書

 日本肺癌学会の「患者向けガイドライン小委員会」により患者向けガイドブック(「患者さんのための肺がんガイドブック—悪性胸膜中皮腫・胸腺腫瘍含む」2019年版)が書籍として発行されており,日本肺癌学会のホームページにおいて公表されている。

17.今後の課題と対応策

 基本的にGRADEアプローチによる作成・改訂を行っているが一部の領域(第1部.肺癌:Ⅱ.非小細胞肺癌—3. 放射線治療基本事項)において,旧来の形式での記載になっている。また,投票結果の記載方法などで領域により統一されていない部分がある。いずれも次回改訂時(2021年版—WEB公表の予定)において解消させたい。

 文献の遡及検索期間は定めているが,その期間を過ぎて重要な論文・学会発表がなされることも多い。これまで重要と判断されるものはガイドラインの出版・公表時期を遅らせない範囲において改訂に反映しているが,その基準は定められていない。一律に基準を決められるものではなく柔軟な判断が必要であるが,これまでのこうした例外的措置について記録し継承するプロセスを開始する必要がある。

 メタ解析はエビデンスレベルを高めるデータであるが,手法や分析方法によって研究の質は様々であり,したがってエビデンスとしての質も様々である。作成・改訂過程において研究の質を評価して取捨選択をしているが,解説の書き方によってはメタ解析結果を軽視しているかに受け止められることもあり,誤解のない解説の書き方について一定のフォーマットを作成する必要があると思われる。

表3.作成・改訂を行った委員の所属,専門,利益相反

注:開示すべき申告者の配偶者,一親等の親族,または収入・財産を共有する者の申告事項がない委員の掲載は割愛した。

ガイドライン検討委員会(*:委員長,**:副委員長)
委員会専門 所属/利益相反
2019 2018 2017
滝口 裕一薬物療法 千葉大学大学院医学研究院 臨床腫瘍学
G(11,32,34) D(3,32),G(32,34) D(3,32,37),F(34,50),G(30,32,34)
奥村明之進**外科治療 国立病院機構大阪刀根山医療センター 呼吸器外科
D(6)
秋田 弘俊分子診断 北海道大学大学院医学研究院 腫瘍内科学教室
G(11,30,34) D(3,32),G(11,30,34) D(3),G(11,30,34)
石川  仁放射線治療 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構QST病院
川村 雅文気管支鏡検査・
治療/外科治療
帝京大学医学部外科学講座 呼吸器外科
坂  英雄気管支鏡検査・
治療/薬物療法
松波総合病院 呼吸器内科
D(3),F(3,11,40,66) D(3),F(3,11,40,66) D(3),F(3,11,31,32,50,66)
里内美弥子薬物療法 兵庫県立がんセンター 呼吸器内科
D(3,30,32,66),F(11,31,32,34,37,42,50,66) D(3,30,32,42,66),F(5,37,42,50,61,66) D(3,11,30,32,34,42,50,66),F(32,42,50,66)
伊達 洋至外科治療 京都大学大学院医学研究科 呼吸器外科学
D(27),G(4,30,51) D(20,27),G(4,30,51) D(20,27),G(4,30)
中西 良一気管支鏡検査・
治療/外科治療
名古屋市立大学大学院医学研究科 病態外科学講座 腫瘍・免疫外科学分野
G(42)
中山 優子放射線治療 国立がん研究センター中央病院 放射線治療科
D(3) D(3)
樋田 豊明薬物療法/緩和
ケア
愛知県がんセンター 呼吸器内科
D(3,38) D(3,37)
堀田 勝幸薬物療法 岡山大学病院 新医療研究開発センター
D(3),F(3) D(3,66),F(2,32,34,50)
村山 貞之放射線診断 琉球大学大学院医学研究科 放射線診断治療学講座
F(14),G(19) F(14),G(39,41,46) F(14)
谷田部 恭病理診断/分子
診断
国立がん研究センター中央病院 病理診断科
D(32)
薬物療法および集学的治療小委員会(*:委員長,**:副委員長)
委員会専門 所属/利益相反
2019 2018 2017
堀田 勝幸薬物療法 岡山大学病院 新医療研究開発センター
D(3),F(3) D(3,66),F(2,32,34,50)
樋田 豊明**薬物療法/緩和
ケア
愛知県がんセンター 呼吸器内科
D(3,38) D(3,37)
青景 圭樹気管支鏡検査・
治療/外科治療
国立がん研究センター東病院 呼吸器外科
今村 知世臨床薬理学 昭和大学先端がん治療研究所
海老 規之気管支鏡検査・
治療/薬物療法
飯塚病院 呼吸器腫瘍内科
大熊 裕介薬物療法 国立がん研究センター中央病院 呼吸器内科
大矢 由子薬物療法 愛知県がんセンター 呼吸器内科
釼持 広知薬物療法 静岡県立静岡がんセンター 呼吸器内科
F(3,38,65) F(3,32) F(3,32)
上月 稔幸薬物療法 国立病院機構四国がんセンター 臨床研究センター
D(3,34) D(32) D(3)
後藤  悌薬物療法 国立がん研究センター中央病院 呼吸器内科
D(3),F(5,28,38,66) D(3,42),F(16,38,42) D(3,37,42),F(42,50)
阪本 智宏気管支鏡検査・
治療/薬物療法
鳥取大学医学部附属病院 呼吸器内科・膠原病内科
佐々木高明分子診断/気管
支鏡検査・治療
/薬物療法
旭川医科大学病院 呼吸器センター
F(37,42) F(37)
鈴木 賢一薬物療法 星薬科大学 実務教育研究部門
善家 義貴薬物療法 国立がん研究センター東病院 呼吸器内科
D(3,32,37),F(3,54,66) D(37) D(37)
駄賀 晴子薬物療法 大阪市立総合医療センター 腫瘍内科
D(32),F(3,32) D(32,37,66),F(3,34,64) D(32,37),F(50)
田中謙太郎薬物療法 九州大学病院 呼吸器科
D(3),G(11,37) G(11) F(37),G(32,37)
田中 寿志薬物療法 弘前大学大学院医学研究科 呼吸器内科学講座
谷﨑 潤子薬物療法 市立岸和田市民病院 腫瘍内科
田宮 朗裕気管支鏡検査・
治療/薬物療法
国立病院機構近畿中央呼吸器センター 呼吸器内科
D(3,11,32,50),F(3) D(11,32)
寺岡 俊輔薬物療法 和歌山県立医科大学 呼吸器内科/腫瘍内科
二宮貴一朗薬物療法 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 血液・腫瘍・呼吸器内科学
野崎  要薬物療法 国立がん研究センター東病院 呼吸器内科
長谷川一男 特定非営利活動法人肺がん患者の会ワンステップ
三浦  理薬物療法/緩和
ケア
新潟県立がんセンター新潟病院 内科
D(3,32,34,37) D(3,32,34,37,66) D(11,32,34,37,66)
水谷 英明薬物療法 埼玉県立がんセンター 呼吸器内科
宮内 栄作薬物療法 東北大学病院 呼吸器内科
D(3),F(37),G(32) E(53),F(18)
森瀬 昌宏薬物療法/緩和
ケア
名古屋大学大学院医学系研究科 呼吸器内科学
F(30) F(11,13,42,55)
山口  央薬物療法 埼玉医科大学国際医療センター 呼吸器内科
山中 竹春生物統計学/臨
床疫学
横浜市立大学大学院医学研究科 臨床統計学
D(32,39),G(32,39) D(32,62),G(30,32,39) D(31,32,37),F(61),G(11,30,32)
協力委員
天野 慎介 一般社団法人グループ・ネクサス・ジャパン
中島 和子がん薬物療法/
看護
静岡県立静岡がんセンター 看護部
西本 仁美がん薬物療法/
看護
岡山大学病院 看護部腫瘍センター
森田 智視生物統計学 京都大学大学院医学系研究科 医学統計生物統計学
D(3,30,32,34,37,50),F(37) D(3,30,32,50),F(37) D(3,30,32,34,50)
診断小委員会(*:委員長,**:副委員長)
委員会専門 所属/利益相反
2019 2018 2017
川村 雅文気管支鏡検査・
治療/外科治療
帝京大学医学部外科学講座 呼吸器外科
浅野 文祐**気管支鏡検査・
治療
岐阜県総合医療センター 呼吸器内科
内野 順治薬物療法 京都府立医科大学 呼吸器内科
F(3,34,37,42) F(3,34,37,42) F(3,34,37,42)
浦本 秀隆気管支鏡検査・
治療/外科治療
金沢医科大学 呼吸器外科
D(32,37) D(32,37) D(32,37)
遠藤 正浩放射線診断/気
管支鏡検査・治
千葉大学医学部附属病院 画像診断センター
D(3) D(3) D(3,11)
負門 克典放射線診断 がん研有明病院 画像診断部
D(11)
沖  昌英気管支鏡検査・
治療/薬物療法
国立病院機構名古屋医療センター 呼吸器内科
D(3)
木村 英晴分子診断/薬物
療法
金沢大学附属病院 呼吸器内科
小林  健放射線診断 石川県立中央病院 放射線診断科
品川 尚文気管支鏡検査・
治療
北海道大学病院 内科Ⅰ
F(37) F(37)
竹田 隆之薬物療法/気管
支鏡検査・治療
日本赤十字社京都第二赤十字病院 呼吸器内科
猶木 克彦分子診断/薬物
療法
北里大学医学部 呼吸器内科学
D(3,32,37,50),F(30,37,40),G(11,30,32) D(3,42,50),F(37),G(11,30,32) D(3),F(30),G(30)
中島 崇裕気管支鏡検査・
治療
千葉大学大学院医学研究院 呼吸器病態外科学
D(3) D(3)
長谷川一男 特定非営利活動法人肺がん患者の会ワンステップ
姫路 大輔気管支鏡検査・
治療
宮崎県立宮崎病院 内科
D(3) D(3)
松本 慎吾分子診断/薬物
療法
国立がん研究センター東病院 呼吸器内科
D(38),F(32,38,55,66) F(32,38,42,55),G(34) D(42),F(32,38,42,55),G(34)
栁谷 典子薬物療法 がん研究会有明病院 呼吸器内科
D(32) D(32) D(32)
横井  崇薬物療法 兵庫医科大学 胸部腫瘍学特定講座 呼吸器・血液内科学
D(3,11,32) D(3,11,32,50) D(32,50)
協力委員
村松 禎久放射線診断/そ
の他(放射線技
術)
国立がん研究センター東病院 放射線技術部
外科療法小委員会(*:委員長,**:副委員長)
委員会専門 所属/利益相反
2019 2018 2017
伊達 洋至外科治療 京都大学大学院医学研究科 呼吸器外科学
D(27),G(4,30,51) D(20,27),G(4,30,51) D(20,27),G(4,30)
鈴木 健司**外科治療 順天堂大学附属順天堂医院 呼吸器外科
D(27),F(27),G(20,30,34,35) D(27),F(27),G(20,30,34,35) D(27),G(20,27,30)
上野  剛外科治療 国立病院機構四国がんセンター 呼吸器外科
大出 泰久外科治療 静岡県立静岡がんセンター 呼吸器外科
奥村 典仁外科 倉敷中央病院 呼吸器外科
竹尾 貞徳気管支鏡検査・
治療/外科治療
国立病院機構九州医療センター 呼吸器センター外科部門
中村 廣繁外科治療 鳥取大学医学部 呼吸器・乳腺内分泌外科学分野
D(8,27),G(20,22,32) D(8),G(20) G(20,32,42)
福井麻里子外科治療 順天堂大学 呼吸器外科
毛受 暁史外科治療 京都大学医学部附属病院 呼吸器外科
G(34)
放射線治療及び集学的治療小委員会(*:委員長,**:副委員長)
委員会専門 所属/利益相反
2019 2018 2017
石川  仁放射線治療 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構QST病院
野中 哲生**放射線治療 日本赤十字社医療センター 放射線腫瘍科
大熊 加惠放射線治療 国立がん研究センター中央病院 放射線治療科
木村 智樹放射線治療 広島大学病院 放射線治療科
D(3) D(3)
小久保雅樹放射線治療 神戸市立医療センター中央市民病院 放射線治療科
D(3) D(3)
小宮山貴史放射線治療 山梨大学医学部 放射線科
里内美弥子薬物療法 兵庫県立がんセンター 呼吸器内科
D(3,30,32,66),F(11,31,32,34,37,42,50,66) D(3,30,32,42,66),F(5,37,42,50,61,66) D(3,11,30,32,34,42,50,66),F(32,42,50,66)
塩山 善之放射線治療 九州国際重粒子線がん治療センター
D(3),H(47,48)
澁谷 景子放射線治療 大阪市立大学大学院 放射線腫瘍学
D(3) F(26)
白井 克幸放射線治療 自治医科大学附属病院 放射線科
髙橋 重雄放射線治療 香川大学医学部附属病院 放射線治療科
玉置 幸久放射線治療 島根大学医学部 放射線腫瘍学講座
D(3)
辻野佳世子放射線治療 兵庫県立がんセンター 放射線治療科
D(3) D(3)
中山 優子放射線治療 国立がん研究センター中央病院 放射線治療科
D(3) D(3)
原田 英幸放射線治療/緩
和ケア
静岡県立静岡がんセンター 放射線治療科
D(3) D(3)
松尾 幸憲放射線治療 京都大学大学院医学研究科 放射線腫瘍学・画像応用治療学
胸膜中皮腫小委員会(*:委員長,**:副委員長)
委員会専門 所属/利益相反
2019 2018 2017
中西 良一気管支鏡検査・
治療/外科治療
名古屋市立大学大学院医学研究科 病態外科学講座 腫瘍・免疫外科学分野
G(42)
長谷川誠紀**外科治療 兵庫医科大学 呼吸器外科
G(30,34),H(17) G(34) G(30,34),H(17)
青江 啓介薬物療法/緩和
ケア
国立病院機構山口宇部医療センター 腫瘍内科
F(3,11,13,34,38,50,66) D(11,50),F(3,11,38,50,66) D(11),F(3,11,13,16,34,38,50,66)
芦澤 和人放射線診断 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 臨床腫瘍学
浦本 秀隆気管支鏡検査・
治療/外科治療
金沢医科大学 呼吸器外科
D(32,37) D(32,37) D(32,37)
岡部 和倫外科治療 ベルランド総合病院 呼吸器外科
岡本 浩明薬物療法 横浜市立市民病院 呼吸器内科/腫瘍内科
F(32,50) F(2,30,55) F(30,32)
奥田 勝裕外科治療 名古屋市立大学大学院医学研究科 病態外科学講座 腫瘍・免疫外科学分野
加藤 勝也放射線診断 川崎医科大学総合医療センター 放射線科
D(52)
木村 智樹放射線治療 広島大学病院 放射線治療科
D(3) D(3)
栗林 康造薬物療法 兵庫医科大学 呼吸器・血液内科学
澁谷 景子放射線治療 大阪市立大学大学院 放射線腫瘍学
D(3) F(26)
関戸 好孝分子診断 愛知県がんセンター研究所 分子腫瘍学分野
F(10) F(10)
瀬戸 貴司薬物療法 国立病院機構九州がんセンター 呼吸器腫瘍科
D(3,32,34,66),F(5,13,28,31,32,34,38,42,65,66) D(3,32,34,42,66),F(13,28,31,32,34,37,38,42,65,66) D(3,30,32,34,66),F(3,13,28,32,34,37,38,42,66)
武島 幸男病理診断/分子
診断
広島大学大学院医系科学研究科 病理学研究室
津端由佳里薬物療法 島根大学医学部内科学講座 呼吸器・臨床腫瘍学
D(3,28,32) D(3,28,32),F(28)
鍋島 一樹 病理診断 福岡大学医学部 病理学講座/病理部
藤本 伸一薬物療法 岡山労災病院 呼吸器内科/腫瘍内科
F(11,13) D(11),F(11,16,50) F(11,16,37,50)
協力委員
右田 孝雄 中皮腫サポートキャラバン隊
渡邊 益孝 中皮腫サポートキャラバン隊
胸腺腫瘍小委員会(*:委員長,**:副委員長)
委員会専門 所属/利益相反
2019 2018 2017
奥村明之進外科治療 国立病院機構大阪刀根山医療センター 呼吸器外科
D(6)
渡辺  敦**気管支鏡検査・
治療/外科治療
札幌医科大学医学部 呼吸器外科
大熊 裕介薬物療法 国立がん研究センター中央病院 呼吸器内科
大政  貢気管支鏡検査・
治療/外科治療
神戸市立西神戸医療センター 呼吸器外科
楠本 昌彦放射線診断 国立がん研究センター中央病院 放射線診断科
D(3) D(3,11,28),F(14) D(3,11,66)
工藤 慶太薬物療法 国立病院機構大阪南医療センター 呼吸器腫瘍内科
塩野 裕之外科治療 近畿大学奈良病院 呼吸器外科
清水 重喜病理診断 公立学校共済組合近畿中央病院 病理診断科
辻野佳世子放射線治療 兵庫県立がんセンター 放射線治療科
D(3) D(3)
富山 憲幸放射線診断 大阪大学大学院医学系研究科 放射線医学講座
D(39),F(14,44),G(10,19,28,46,63) F(14,44),G(10,19,21,28,46,49) F(14,44),G(10,21,28,46,49)
二瓶 圭二放射線治療 大阪医科大学 放射線腫瘍学教室
D(3)
花岡 伸治外科治療 大阪医科大学附属病院 呼吸器外科
福田  実薬物療法 長崎大学病院 がん診療センター
F(3,34),G(34) F(3),G(34) F(3)
福本 紘一外科治療 名古屋第一赤十字病院 呼吸器外科
藤本 公則放射線診断/気
管支鏡検査・治
久留米大学医学部 放射線医学講座
堀池  篤薬物療法 昭和大学医学部 内科学講座 腫瘍内科学部門
F(32)
松野 吉宏病理診断 北海道大学病院 病理診断科
H(21,23,24)
村川 知弘外科治療 関西医科大学附属病院 呼吸器外科
緩和医療小委員会(*:委員長,**:副委員長)
委員会専門 所属/利益相反
2019 2018 2017
樋田 豊明薬物療法/緩和
ケア
愛知県がんセンター 呼吸器内科
D(3,38) D(3,37)
佐々木治一郎**薬物療法/緩和
ケア
北里大学医学部附属新世紀医療開発センター 横断的医療領域開発部門 臨床腫瘍学
A(9),D(3) D(3),G(11) D(3),G(11,30,32)
青江 啓介薬物療法/緩和
ケア
国立病院機構山口宇部医療センター 腫瘍内科
F(3,11,13,34,38,50,66) D(11,50),F(3,11,38,50,66) D(11),F(3,11,13,16,34,38,50,66)
坂下 明大緩和ケア 神戸大学医学部附属病院 緩和支持治療科
田中 桂子緩和ケア がん・感染症センター都立駒込病院 緩和ケア科
藤阪 保仁薬物療法 大阪医科大学病院 呼吸器内科・呼吸器腫瘍内科
D(3),F(3,55),G(11) F(3,30,50,55) F(2,3,32,50)
協力委員
高橋 由美薬物療法/緩和
ケア/看護
北海道がんセンター 看護部
田中  勇 肺がん患者会 ライオンハート岡山
病理委員会(*:委員長,**:副委員長)
委員会専門 所属/利益相反
2019 2018 2017
谷田部 恭病理診断/分子
診断
国立がん研究センター中央病院 病理診断科
D(32)
野口 雅之**病理診断 筑波大学医学医療系 診断病理学
石井源一郎病理診断 国立がん研究センター先端医療開発センター 臨床腫瘍病理分野
F(11,28) F(11,28) F(28)
大林 千穂病理診断 奈良県立医科大学 病理診断学講座
門田 球一病理診断 香川大学医学部 病理診断科
後藤 明輝病理診断 秋田大学大学院医学系研究科 器官病態学講座
G(1) G(1) G(1)
酒井 康裕病理診断 関西医科大学総合医療センター 病理診断科
田口 健一病理診断 国立病院機構九州がんセンター 統括診療部臨床検査科/病理診断科
武島 幸男病理診断/分子
診断
広島大学大学院医系科学研究科 病理学研究室
蔦  幸治病理診断 関西医科大学 臨床病理学講座
D(66),F(43) D(66),F(43),H(11) D(66),F(43)
鍋島 一樹病理診断 福岡大学医学部 病理学講座/病理部
二宮 浩範病理診断 公益財団法人がん研究会 癌研究所病理部
菱田 智之外科治療 慶応義塾大学医学部 外科学(呼吸器)
堀尾 芳嗣分子診断/気管
支鏡検査・治療
/薬物療法
愛知県がんセンター 外来部
松原 大祐病理診断 自治医科大学 病理学講座
湊   宏病理診断 石川県立中央病院 病理診断科
南  優子病理診断 国立病院機構茨城東病院胸部疾患・療育医療センター 病理診断科
元井 紀子病理診断 国立がん研究センター中央病院 病理診断科
F(11,36) F(11,58) D(66),F(58)
横瀬 智之病理診断 神奈川県立がんセンター 病理診断科
吉澤 明彦病理診断 京都大学医学部附属病院 病理診断科
F(60)
吉田 朗彦病理診断 国立がん研究センター中央病院 病理科
気管支鏡委員会(*:委員長,**:副委員長)
委員会専門 所属/利益相反
2019 2018 2017
坂  英雄気管支鏡検査・
治療/薬物療法
松波総合病院 呼吸器内科
D(3),F(3,11,40,66) D(3),F(3,11,40,66) D(3),F(3,11,31,32,50,66)
古川 欣也**気管支鏡検査・
治療/外科治療
東京医科大学茨城医療センター 呼吸器外科
浅野 文祐気管支鏡検査・
治療
岐阜県総合医療センター 呼吸器内科
石田  格気管支鏡検査・
治療/外科治療
岩手県立中央病院 呼吸器外科
北  俊之気管支鏡検査・
治療
国立病院機構金沢医療センター 呼吸器内科
栗本 典昭気管支鏡検査・
治療
島根大学医学部 呼吸器・臨床腫瘍学
D(12) D(3,12) D(3)
小林 英夫放射線診断/気
管支鏡検査・治
防衛医科大学校 呼吸器内科
品川 尚文気管支鏡検査・
治療
北海道大学病院 内科Ⅰ
F(37) F(37)
柴山 卓夫気管支鏡検査・
治療/薬物療法
岡山医療センター 呼吸器内科
G(11)
澁谷  潔気管支鏡検査・
治療/外科治療
/細胞診断
千葉大学医学部附属病院 成田赤十字病院肺がん治療センター 呼吸器外科
中井 俊之気管支鏡検査・
治療
大阪市立大学医学部附属病院 呼吸器内科
中島 崇裕気管支鏡検査・
治療
千葉大学大学院医学研究院 呼吸器病態外科学
D(3) D(3)
姫路 大輔気管支鏡検査・
治療
宮崎県立宮崎病院 内科
D(3) D(3)
峯下 昌道気管支鏡検査・
治療/薬物療法
聖マリアンナ医科大学 呼吸器内科
D(3,37),F(37),G(38,45) D(37),F(30,37) D(3,37),F(37),G(37,45)
芳川 豊史気管支鏡検査・
治療/外科治療
名古屋大学医学部附属病院 呼吸器外科
細胞診判定基準改訂委員会(*:委員長,**:副委員長)
委員会専門 所属/利益相反
2019 2018 2017
佐藤 之俊病理診断/外科
治療
北里大学医学部 呼吸器外科学
廣島 健三**病理/その他
(細胞診断)
千葉大学大学院医学研究院 遺伝子生化学
薄田 勝男放射線診断/
気管支鏡検査・
治療/外科治療
金沢医科大学 呼吸器外科学
河原 邦光病理診断/細胞
診断
大阪はびきの医療センター 病理診断科
桜田  晃病理診断/分子
診断/気管支鏡
検査・治療
東北大学加齢医学研究所 呼吸器外科学分野
田中 良太病理診断/気管
支鏡検査・治療
/外科治療
杏林大学医学部付属病院 呼吸器・甲状腺外科
羽場 礼次病理診断/精度
管理
香川大学医学部附属病院 病理診断科・病理部
D(3) D(66) D(66)
三浦 弘之気管支鏡検査・
治療/外科治療
/細胞診断
公立阿伎留医療センター 呼吸器外科
谷田部 恭病理診断/分子
診断
国立がん研究センター中央病院 病理診断科
D(32)
吉澤 明彦病理診断 京都大学医学部附属病院 病理診断科
F(60)
協力委員
柿沼 廣邦細胞診断 北里大学病院 病院病理部
竹中 明美病理診断/細胞
診断
畿央大学 臨床細胞学研修センター
三宅 真司細胞診断 東京医科大学病院 病理診断科
※利益相反のカテゴリー
A.役員・顧問職
B.株保有・利益
C.特許使用料
D.講演料など
E.原稿料
F.研究費
G.寄付金
H.寄付講座
I.その他

※企業等

  1. 株式会社秋田病理組織細胞診研究センター
  2. アステラス製薬株式会社
  3. アストラゼネカ株式会社
  4. 株式会社アダチ
  5. アッビイ合同会社
  6. アレクシオンファーマ合同会社
  7. 株式会社医学生物学研究所
  8. インテュイティブサージカル合同会社
  9. エイツーヘルスケア株式会社
  10. エーザイ株式会社
  11. 小野薬品工業株式会社
  12. オリンパス株式会社
  13. キッセイ薬品工業株式会社
  14. キャノンメディカルシステムズ株式会社
  15. 協和キリン株式会社
  16. 杏林製薬株式会社
  17. 株式会社クボタ
  18. グラクソ・スミスクライン株式会社
  19. ゲルベ・ジャパン 株式会社
  20. コヴィディエンジャパン株式会社
  21. コニカミノルタ株式会社
  22. コンメッドジャパン株式会社
  23. サクラファインテックジャパン株式会社
  24. 沢井製薬株式会社
  25. ジェノミックヘルス株式会社
  26. 株式会社島津製作所
  27. ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
  28. 第一三共株式会社
  29. 大日本住友製薬株式会社
  30. 大鵬薬品工業株式会社
  31. 武田薬品工業株式会社
  32. 中外製薬株式会社
  33. 日産化学株式会社
  1. 日本イーライリリー株式会社
  2. 日本コヴィディエン株式会社
  3. 日本電気株式会社
  4. 日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社
  5. ノバルティスファーマ株式会社
  6. バイエル薬品工業株式会社
  7. パレクセル・インターナショナル株式会社
  8. 株式会社日立製作所
  9. ファイザー株式会社
  10. 株式会社ファルコバイオシステムズ
  11. 株式会社フィリップス・ジャパン
  12. フクダライフテック
  13. 富士製薬工業株式会社
  14. 富士フイルム株式会社
  15. 富士フィルムメディカル株式会社
  16. 富士フイルムRIファーマ株式会社
  17. ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社
  18. 株式会社ホギメディカル
  19. 三菱重工業株式会社
  20. 有限会社メディカル・カウンシル
  21. メルク株式会社
  22. メルクバイオファーマ株式会社
  23. 持田薬品株式会社
  24. ヤンセンファーマ株式会社
  25. ロシュ・ダイアグノスティックス
  26. Amgen Inc
  27. AcuSolutions
  28. EPS株式会社
  29. EPクルーズ株式会社
  30. GEヘルスケア・ジャパン株式会社
  31. Ignyta, Inc
  32. Loxo Oncology ,Inc
  33. MSD株式会社

※委員長,副委員長および委員の利益相反はそれぞれに対する日本医学会による「診療ガイドライン策定参加資格基準ガイダンス」(平成29年3月)の条件を満たしている。

このページの先頭へ